フロアコーティング.info

マイペースマイペースに更新中

フロアコーティングをする

フロアコーティングをする理由としては、傷をつけないことです。要するにフローティングなりコンクリートの床であれ、何か、傷をつける可能性があるからです。そこでワックスをかけるわけです。そうすることによって、安心して使うことができます。特にフローリングでは死活問題ですから、しっかりとコーティングをすることです。そうすることによって、傷がつく可能性をかなり低くすることができるのです。ちなみに個人的にやることもできますし、業者に依頼することもできます。道具はホームセンターにありますから、探して見るとよいです。最近ではインターネットで購入することもできます。さらにいえば、やり方もインターネットて調べることができます。フローリングはとてもよいのですが、どうしても木材ですから傷がつくことがあります。せっかくですから、ワックスがけをして防ぐことです。


フロアコーティングで床の傷つきを防ぐ

賃貸物件でも分譲マンションでもフローリングの床においては傷がつくのが気になることがあります。入居した初日から早速傷がついていることもあります。最初は傷つけないように慎重にしていたのですが、一度ついてしまうと後はもういいかとばかりにどんどん傷をつけてしまうことがあります。一箇所ぐらいならすぐに直す事ができますが、いくつもの箇所で出来てしまった場合は後で直そうと思うとかなりお金がかかることもあるでしょう。床を傷つけない方法としてフロアコーティングがあります。これはフローリングの上にコーティング剤を塗ることで、直接影響を与えないようになります。傷つけるようなことをしても、それはコーティングの部分にのみ影響します。見た目にも傷つきを減らすことができるので、床をピカピカの状態に保つことができる方法になります。


フロアコーティングをすると防水性高まる

畳であったりじゅうたんの場合、水気のあるものをこぼしたときはすぐに染み付いてしまいます。すぐに気がつけばなんとか色を落とせることもありますが、それでも全てを落とせるわけではありません。それに対してフローリングの部分は水には強くなっています。モップ等で拭けば水分はすぐにとれてしまいます。そう思っていたのですが、フローリングもなんだかんだ言っても木材などになります。木材は水にあまり強くありません。長年使うと弱ることがあります。フロアコーティングをすることで、木材の床に防水性を持たせることができます。水がこぼれたとしてもそれはコーティングされた部分になるので、直接木材に触れることはありません。普通の水だけでなく、料理関係のものであったり、いろいろな水分を落とすことがありますが、その全てについて弾いてくれるように出来ています。